あたらしい旅と暮らしの発信基地
Wanderers! ワンダラーズ

Wanderers! Osakaワンダラーズオオサカは、Wanderers!の世界観を表現する旅と暮らしの総合案内所。大阪・中之島エリア、堂島川そばのレトロビル メリヤス会館内4階にあります。

あたらしい旅のかたちとは、旅に対する「取り組み方」「姿勢」にあるんじゃないか?と定義してみたものの、実際に、旅でも旅行でも言い方はなんでもよいけれど、とにかく宿泊を伴う移動をするときの要素というのは移動・目的(観光)・宿泊の3つの要素に因数分解できる。

あまり大げさに言うと今ドキの「ニッポン万歳」な動画やテレビ番組みたいになってしまうのが嫌だけれど、世界のあちらこちらも旅してきた私が思うに、日本はとても大きいし広いしすごい!と思う。どういうところがそうなのかというと、

今の生活に満足してるわけじゃない。でもどこから何を変えればいいかわからない。すべてを変えたい、でもどこからどうやって?そうやって堂々巡りで絡まった糸がこんがらがってしまうことって、ある。

国内旅行っていう響きが、なんとなく既に「古くささ」を感じてしまうのはどうしてだろう? 温泉に入って、美味しいものを食べて。もちろんそれも悪くない。でも、それだけが日本を旅する理由なんだろうか? 

日本では、移動型で数日でどんどん場所を変える周遊型の旅が、旅行の王道だった。海外旅行のツアーなんかでも、ヨーロッパ8カ国10日間、みたいなのが未だに人気だともいう。その王道と「暮らすように旅する」は真逆だ。

2泊3日の温泉旅行。初日はここに行って、昼はここで食べて、夜はここに泊まる。よくあるスケジュールで、特にひとりじゃない旅行のときは、そうやって予定があって、その計画に沿って自分が動く。でも、旅の最中って、その予定が狂うことがある。

どうやら見た目上、昔から若く見られがちだけど、わたしはそろそろアラフォーと呼ばれる年代すら越えようとしている。年齢だけ聞いたら「おばさん」の域に入っていることは疑うべくもない。そして今自分のまわりで一緒に仕事をしたりしている人も、ほぼ全員年下だ。

地方創生、なんて単語がニュースに出始めてから数年が経つ。日本でも各地で増え始めたゲストハウスに泊まり歩くようになり、そこで、過去多かった退職リタイア組ではなく、若い人たちも「故郷にUターン」とか「Iターンで移住しました」という人たちが増えていることに気づいた。

あたらしい旅のかたちとは、旅に対する「取り組み方」「姿勢」にあるんじゃないか?と定義してみたものの、実際に、旅でも旅行でも言い方はなんでもよいけれど、とにかく宿泊を伴う移動をするときの要素というのは移動・目的(観光)・宿泊の3つの要素に因数分解できる。

あまり大げさに言うと今ドキの「ニッポン万歳」な動画やテレビ番組みたいになってしまうのが嫌だけれど、世界のあちらこちらも旅してきた私が思うに、日本はとても大きいし広いしすごい!と思う。どういうところがそうなのかというと、

今の生活に満足してるわけじゃない。でもどこから何を変えればいいかわからない。すべてを変えたい、でもどこからどうやって?そうやって堂々巡りで絡まった糸がこんがらがってしまうことって、ある。

国内旅行っていう響きが、なんとなく既に「古くささ」を感じてしまうのはどうしてだろう? 温泉に入って、美味しいものを食べて。もちろんそれも悪くない。でも、それだけが日本を旅する理由なんだろうか? 

あたらしい旅のかたちとは、旅に対する「取り組み方」「姿勢」にあるんじゃないか?と定義してみたものの、実際に、旅でも旅行でも言い方はなんでもよいけれど、とにかく宿泊を伴う移動をするときの要素というのは移動・目的(観光)・宿泊の3つの要素に因数分解できる。

あまり大げさに言うと今ドキの「ニッポン万歳」な動画やテレビ番組みたいになってしまうのが嫌だけれど、世界のあちらこちらも旅してきた私が思うに、日本はとても大きいし広いしすごい!と思う。どういうところがそうなのかというと、

今の生活に満足してるわけじゃない。でもどこから何を変えればいいかわからない。すべてを変えたい、でもどこからどうやって?そうやって堂々巡りで絡まった糸がこんがらがってしまうことって、ある。

国内旅行っていう響きが、なんとなく既に「古くささ」を感じてしまうのはどうしてだろう? 温泉に入って、美味しいものを食べて。もちろんそれも悪くない。でも、それだけが日本を旅する理由なんだろうか? 

No posts were found.

a
Latest Lifestyle Posts
Latest Sport News

No posts were found.

You Might Also Like

あたらしい旅のかたちとは、旅に対する「取り組み方」「姿勢」にあるんじゃないか?と定義してみたものの、実際に、旅でも旅行でも言い方はなんでもよいけれど、とにかく宿泊を伴う移動をするときの要素というのは移動・目的(観光)・宿泊の3つの要素に因数分解できる。

国内旅行っていう響きが、なんとなく既に「古くささ」を感じてしまうのはどうしてだろう? 温泉に入って、美味しいものを食べて。もちろんそれも悪くない。でも、それだけが日本を旅する理由なんだろうか? 

たまに、神秘的な風景を見てみたいなーと思うことがある。やることがあるのに、気分が乗らなくて、時間だけが虚しく進んでいくようなときに、特にそう感じる。今すぐあの神秘的なあの青い池に行きたい!と願うけれど、なかなかそれは叶えられることはなく。

わたしが聞いた中でかなり気に入っている言葉のひとつに、「砂浜にいる人はヒマな人だけ」というのがある。確かにそこにいるのは、犬の散歩してる人か、浜で釣りをしようとしている人か、ただ海や夕陽や景色を眺めにきているだけ。

No posts were found.

あたらしい旅のかたちとは、旅に対する「取り組み方」「姿勢」にあるんじゃないか?と定義してみたものの、実際に、旅でも旅行でも言い方はなんでもよいけれど、とにかく宿泊を伴う移動をするときの要素というのは移動・目的(観光)・宿泊の3つの要素に因数分解できる。

あまり大げさに言うと今ドキの「ニッポン万歳」な動画やテレビ番組みたいになってしまうのが嫌だけれど、世界のあちらこちらも旅してきた私が思うに、日本はとても大きいし広いしすごい!と思う。どういうところがそうなのかというと、

国内旅行っていう響きが、なんとなく既に「古くささ」を感じてしまうのはどうしてだろう? 温泉に入って、美味しいものを食べて。もちろんそれも悪くない。でも、それだけが日本を旅する理由なんだろうか? 

たまに、神秘的な風景を見てみたいなーと思うことがある。やることがあるのに、気分が乗らなくて、時間だけが虚しく進んでいくようなときに、特にそう感じる。今すぐあの神秘的なあの青い池に行きたい!と願うけれど、なかなかそれは叶えられることはなく。